ぎっくり腰 痛み

物を持ち上げる時の腰痛


12月頃の寒い日、朝一番の仕事でポールを立てるためのブロックを数十個運ぶことになり、数人で作業をしていたのですが、2個目のブロックを持ち上げた瞬間に、ギクっと腰に激痛が走り、しばらくその場に動けなくなりました。なんとかその場から事務所の椅子までたどり着き、しばらく動かずに様子を見ましたが、状況は改善されなかったため、仕方なくその日の仕事はやめてそのまま整骨院まで何とか車を走らせて行きました。診断の結果は「ぎっくり腰ってやつですね。」とのこと。しばらく痛いと思いますが我慢してください。一応注射打って、湿布を出しておきますのでとのことでした。高校の頃から疲れがたまってくると腰痛が出ていたのですが、その時の腰痛とは明らかに違う痛みでした。いつもの腰痛は鈍痛というのか瞬間的な痛みはあまりないのですが、さすがにぎっくり腰は瞬間的な痛みがハンパない。腰を動かすと瞬間的に激痛が走るため1週間ぐらいは変な格好で歩いていました。

 

腰痛はマットレスを見直すことで改善が見込めると言われていますよね。そのため、マットレスを選んでいる方もおられるかと思います。
ただ、どのようなマットレスでも良いというわけではなく、その人に合っているかどうかは重要です。
エアウィーヴのマットレスの体験談などを読んで、よく考えてみてくださいね。→http://levitra-tw.com/

 

モットンは人気があるマットレスですが、具体的にどのような点で腰痛などに効果的なのか、気になりますよね。
参考記事を読んで、モットンについての知識を深めてみてくださいね!

とにかく動かない


私がぎっくり腰になったときは、とにかく患部を動かさないようにしてじっと耐えることで、徐々に回復していったと思います。仕事がなければ、動かず寝ているのが一番回復的には早いと思うのですが、現実的には仕事もあり、まったく動かさないわけにはいきませんので、極力力仕事はしないようにする、歩くときは上下動、左右のブレを極力少なくして、まさに能や狂言の動きのような感じで動いていたように思います。医者にも言われましたが、特効薬のようなものもありませんので、気休めに湿布を貼ってなるべく安静にして痛みがなくなるのを待ちました。注射1本打てば劇的に改善するなどといったものがないので、ある程度回復するのに時間がかかるのはしょうがないのですが、もう少し回復する期間が短くなるような、注射なり飲み薬や貼り薬があればいいのにとは思います。外科的な対応が難しいと思われますが、鍼灸などでいい方法があるのかもしれません。ぎっくり腰は何度か繰り返すという話をよく聞きますので、何かいい方法が発見されるといいなぁと思います。

関連する記事はこちら